三原クリニック脳神経内科・内科

脳神経内科NEUROLOGY

脳卒中

脳卒中とは「脳血管疾患」という脳の血管に障害がおきることで生じる病気です。
日本では現在150万人が罹患しており、高齢化や生活習慣病の増加により2020年には300万人を超えています。また癌、心臓病、肺炎に次いで日本人の死因の第四位で、寝たきりになる原因の3割近くを占めています。

原因

こんな症状に注意

治療と予防

まず、脳卒中の予防が必要です。特に、心房細動という不整脈がある方は注意が必要です。

上記の症状が突然起こったら、すぐに救急病院に受診しましょう。
判断に迷う時や、色々な理由で入院に躊躇いがある方は、ひとまず当院に受診してください。
総合的に判断したいと思います。

脳卒中になったあとには、再発予防が必要です。
根気よくリハビリテーションに励むと共に、血がサラサラになる薬(抗血小板剤、抗凝固剤など)が生涯にわたって必要になることが多いです。
しかし、1年後にきちんとサラサラになる薬を服用している人は半数しかいないというデータもあります。再発有無を定期的に検査して効果判定を行い、治療が継続出来るように支援しています。
そして、生活習慣病がある方はその治療をきちんと受けることが大切です。
当院ではかかりつけ医としてこれらの治療を積極的に行っています。お気軽にご相談ください。

診療時間
9:00~12:00 / /
13:30~16:00 / / / / / /
16:00~19:00 / / /

三原クリニックグループ